2018.05.04

一見、プロポーションがよく見える反り腰
でも実は問題がいっぱい

「よい姿勢=腰を反らせた姿勢」と勘違いしている人は意外に多く、中には、姿勢をよくしようと意識しすぎて反り腰になっている人も。反り腰は一見スタイルがよいように見えますが、体には負担が多い状態。「反り腰=姿勢がよい」ではないことを知っておきましょう。


まず、反り腰だと腰が反りすぎてお尻やおなかが出っ張り気味に。お尻とおなかの筋肉を使わない姿勢になるため次第にお尻が垂れるうえ、骨盤がゆがんで開くことで内臓の位置が下がり、ポッコリおなかも余計に誇張されてしまいます。さらに、バランスを取るために首が前に出た猫背の姿勢にもなりやすく、背中や肩も緊張しがちに。反り腰は見た目だけではなく、全身の健康にも影響を及ぼす可能性があるのです。


(HONEY-STYLE34号より抜粋)