レシピ2015.03.10

バインミー
/多彩な食感が楽しい「よくかむ」レシピ

ベトナムでは好きな具が選べるソウルフード。皮がパリッと香ばしいバゲットに野菜がシャキシャキの食感。半熟卵の黄身はソース代わりに。 よくかんで食べることは、唾液の分泌を促して消化を助けるほか、肥満予防に役立つなど健康と深く関わっています。また、口まわりは筋肉が多いので、しっかりかむことでアゴが引き締まる効果も期待できそうです。 料理研究家の友兼由子さんに教わった、よくかむメニューのポイントは、①かみ応えのある食材を選ぶ。②大きめに切る。③かためにゆでるなど調理法を工夫する、の3つ。「忙しいと食事を早く済ませがちですが、ご飯をよくかむと甘みが出るように、ゆっくりかむと味がよく分かります。例えばナッツの香ばしさ、野菜のシャキシャキ感など、食感が楽しめる食材の組み合わせも工夫したいですね」と友兼さん。健康と美しさのために、何よりおいしく味わうために、かむことを意識したレシピを取り入れてみましょう。

材料(4人分)

ダイコン…100g
ニンジン…50g
塩…ひとつまみ

A  酢…大さじ1
     砂糖…大さじ1
     赤唐辛子…1/2本
     ライムジュース…1/4個分
     ニョクマム…小さじ1

焼き豚…8枚
卵…4個
バゲット…約10cm×4本
バター…適量
キュウリのスライス…1/2本
玉ネギのスライス…適宜
香菜(好みで)…適量
サラダ油…適量
ニョクマム…適量

POINT.1
厚めに切って食感を楽しむ

ダイコンとニンジンは断面が5mm角ぐらいのせん切りに。塩もみはあまり時間を置かず、シャキシャキの食感を残す。

POINT.2
切り込みは横から深めに

バゲットはベトナム式に具がたっぷり挟めるように太めのものを。横から深く切り込みを入れるとバゲットが開きやすく、調理もしやすい。

作り方・手順

  • なますをつくる。ダイコン、ニンジンは厚めのせん切りにして塩をまぶしてもみ、水気をしぼってAを混ぜ合わせる。
  • フライパンに多めのサラダ油を熱し、目玉焼きを焼く。黄味が半熟の状態で裏返し、表もさっと焼く。
  • バゲットは横から切れ込みを入れ、軽く焼いてから開いて両面にバターを塗る。
  • キュウリ、玉ネギ、焼き豚、①②、好みで香菜を挟み、ニョクマムをかける。
食材をチェック
バゲット

皮が香ばしく焼けた太めのものを選ぼう。今回はベトナム料理で使ったが、かつてフランス統治下にあったベトナムではバゲットも日常食。

焼き豚

豚肉は疲労回復に役立つビタミンB1に富む。かたまりをタレに漬け込み火を通した焼き豚はジューシーで歯応えがある。

なます

ダイコンは食物繊維やカリウム、ニンジンはβカロテンが豊富。ベトナムでは“ゴイ”と呼ばれる。

教えてくださるのが

料理研究家友兼 由子さん
ともかねよしこ/ケータリングやフードコーディネート、食をプロデュースする「L.A.C.」主宰。モロッコなどの北アフリカ、アジア、ヨーロッパで出会った各国の家庭料理を得意とし、雑誌などの各メディアで活躍中。神戸で毎月少人数制の料理教室を開催。