2016.06.10

個体差がある足だからこそ 自分の足を知りましょう

先天性の扁平足の人や、生まれつき外反母趾の体質を持っている人を見かけることがあります。そのような人は、痛みや不調を感じることも少ないので、心配しすぎないように。
ただ、違和感を感じている場合は、接骨院で相談することをお勧めします。また、欧米人に比べて日本人は、小指の骨の数が1つ少ない人が多いと言われています。日本人の多くが、足の小指の関節が3つあるところが2つに。
比較すると、足裏のアーチの状態が少し異なっていることもあるため、海外の靴が合わないという経験をした人もいるはず。靴を選ぶときはデザインやブランドよりも、自分の足に合う、フィット感や機能性に着目しましょう。

・足の形が変わってしまうことで、足の爪に影響を及ぼすことも。しっかりとおしゃれを楽しめるよう、健康的な足を手に入れましょう!
(HONEY-STYLE27号より抜粋)