頭部2016.03.10

今の時代だからこそ、 顎関節に気をつけましょう

食が欧米化した影響でやわらかい食材が増えて、アゴを動かす回数が減少傾向にある現代。パソコンに向かう時間が増えたことによって、姿勢がうつむきがちになり、無意識のうちに歯を食いしばる人も増加傾向に。また、体重以上の負荷が継続的にアゴにかかってしまうという、睡眠時の歯ぎしりも、ストレス社会だからこその症状と言われています。
アゴを使わなさ過ぎ、使い過ぎという両極端な理由から、顎関節にトラブルが生じやすいと言われる現代人。顎関節症は思春期の女性に多い疾患と言われていますが、ストレスとの関係性も深いため、世代や性別に関わらず注意が必要です。
自覚しにくいからこそ、体のケアの一環として、日頃から顎関節にも気を配りましょう。
肩こりや腰痛、めまいなど、原因不明の不調は顎関節のズレが原因ということも。かみしめるクセがある人は特に要注意です。 (HONEY-STYLE26号より抜粋)