産後2015.06.10

年齢を重ねても、健康な体であるために!

現在は昔のように出産直後の骨盤をサラシで固定する習慣がないため、骨盤が開いたまま固まってしまう人が多いそう。とはいえ、骨盤ベルトも、正しく装着できていないと逆に骨盤のゆがみを招いてしまいます。
こうした骨盤のひずみを放置したままでいると、骨盤が前傾して股関節がねじれ、O脚や外反母趾、ひざの痛みの原因になる可能性も。また、早く体型を戻したいがためにニッパーやコルセットなどで胴を締め付けると、本来骨盤内に収まるべき子宮や直腸が押し下げられ、痔や脱肛、子宮脱などを起こしかねません。
ホルモンバランスが乱れて筋力が低下する更年期を迎えたときにこうしたトラブルで困ることがないよう、産後すぐの人はもちろん、産後ケアをしなかった人も今から骨盤ケアを始めましょう! (HONEY-STYLE23号より抜粋)