2014.12.10

「脚を組む」のは危険信号です

カラダがゆがんでいてどこかに負担がかかると、無意識でバランスを取ろうとすることがあります。その代表的な例が、座っているときに脚を組む姿勢。
一見、女性らしいポーズとも思われがちですが、実はカラダがゆがんでいて、バランスを取るために意識することなく脚を組んでいるケースがあります。脚を組んだ方が楽だという人は、もしかしたらカラダのバランスを考えるうえで、どこかに問題を抱えている可能性が高いかもしれません。 (HONEY-STYLE21号より抜粋)