レシピ2018.02.15

ほうじ茶の炊き込みご飯
/炊きたての香りもごちそう

新陳代謝をよくしたい、はつらつレシピ

肋骨を意識した呼吸が身につくと、新陳代謝が活発になるほか、自律神経のバランスが整いやすくなって心も体もリラックス。そうした働きを助けるレシピを料理研究家の友兼さんに教わります。 冬におすすめの食材と言えばショウガ。「辛み成分のジンゲロールは加熱するとショウガオールに変化。血行をよくして冷えを改善し、消化を促して胃腸を整える働きも」。今回のレシピでは、同じく体を温めるほうじ茶と合わせて炊き込みご飯に。体が縮こまりがちな冬こそ心地よい呼吸を習慣にし、新陳代謝を促す食材を取り入れて、毎日を生き生きと過ごしましょう。

材料(4人分)

米…2合
ほうじ茶…大さじ4
ショウガ…スライス4枚(せん切り)
しょう油…大さじ1
三つ葉、柿の種(米菓)…各適量

POINT.1
急須で蒸らして香りよく

ほうじ茶は急須で蒸らすと香りがよく出て、ご飯も香ばしく炊き上がる。ただし2分以上置くとタンニンで渋くなるので注意。

POINT.2
ショウガは最後に散らす

洗った米にほうじ茶としょう油を加え、最後にせん切りにしたショウガを散らして炊飯器のスイッチを入れる。量は好みで増やしても。

作り方・手順

  • 米は洗ってザルにあけて水気を切る。
  • 湯を沸かしてほうじ茶を入れたポットに注ぎ、約2分蒸らして濃い目のお茶(360cc)をつくる。
  • 炊飯器に①の米、②のほうじ茶としょう油、ショウガを入れて炊く(土鍋で炊く場合は、ほうじ茶の水分量を2割ほど増やす)
  • 器によそい、三つ葉、柿の種を散らす。
食材をチェック
ほうじ茶

ポリフェノールの一種カテキンに富む。カフェインは茶葉や茎を炒る際に飛ぶので少ない。体を温める作用も。

ショウガ

独特の辛み・香り成分は食欲を増進させ消化を助けるほか、新陳代謝を活発にして血行をよくする働きが。

教えてくださるのが

料理研究家友兼 由子さん
ともかねよしこ/ケータリングやフードコーディネート、食をプロデュースする「L.A.C.」主宰。モロッコなどの北アフリカ、アジア、ヨーロッパで出会った各国の家庭料理を得意とし、雑誌などの各メディアで活躍中。神戸で毎月少人数制の料理教室を開催。