レシピ2016.12.10

チーズリゾット
/体あったか防寒レシピ

チーズの風味がごちそう!
冬になると手足が冷たくて寝つきが悪くなるなど、冷えに悩む女性が多くなります。重ね着をしたり、適度な運動で体を動かす習慣をつけることに加え、食事で意識したいのがたんぱく質の摂取。肉や魚、牛乳、卵のほか、納豆などの大豆製品は良質なたんぱく質を多く含みます。「たんぱく質は体内で消化される時などに、熱を多く発生させる大事な栄養素。食事に盛り込むと効率よく全身を温めるのに役立ちます」と料理研究家の友兼さん。今回紹介する〈塩こうじのポトフ〉は塩こうじの酵素の働きで鶏肉がやわらかくなり、消化の促進に。〈チーズリゾット〉はたんぱく質が吸収されやすいチーズをたっぷり使います。また、女性は男性に比べて筋肉量が少ないのも、冷えが多い要因。たんぱく質は筋肉をつくるもととなる栄養素でもあるため、上手にとることで筋肉量が増え、さらに体内から温まると血行がよくなり肌もイキイキ。寒い冬も元気な毎日に!

材料(4人分)

米…1カップ
玉ネギ…1/4個(みじん切り)
ベーコン…1枚(みじん切り)

A  水…2.5カップ
     固形スープの素…1個

オリーブオイル…大さじ1
バター…大さじ1

白ワイン…大さじ2

パルメザンチーズ…大さじ3
塩…少々
黒コショウ…少々
イタリアンパセリ…適量

POINT.1
米がひたひたの状態をキープ

絶えず米がスープに浸かった状態を保つ。底が焦げないよう時々ヘラで米を寄せるように混ぜ、スープが少なくなったらそのたび湯を加える。

POINT.2
バターは冷蔵庫で冷やして

仕上げのバターは直前まで冷蔵庫に入れておく。冷たいまま加えることでゆっくり溶けて米粒全体がコーティングされ、風味豊かに。

作り方・手順

  • Aを鍋に入れて沸騰したら弱火にかけておく。
  • 別の鍋にオリーブオイルとバターの半分を入れて中火にかけ、バターが溶けたら玉ネギとベーコンを入れて炒め、米も加えて透き通るまで炒める。
  • ②に白ワインを加えアルコールを飛ばして煮立て、①のスープを米がかぶるくらい入れる。
  • ③の鍋底が焦げないように時々混ぜながら、絶えず米がスープに浸かるようスープを加えながら煮る。
  • 米の真ん中に糸1本ぐらいの芯が残るまで煮たら、残りのバターを入れて全体に絡ませ、火を止めてパルメザンチーズを加えて混ぜ、塩、黒コショウで味を調える。
  • 器に盛ってイタリアンパセリを飾る。
食材をチェック
バター

ミルクの良質な乳脂肪が原料。肌や粘膜を健やかに保つビタミンA、老化を防ぐビタミンEが豊富。消化吸収に優れている。

パルメザンチーズ

たんぱく質が効率良く摂取できる粉状のチーズ。コクはあるがクセがないので、パスタやスープ、グラタンなど万能に使える。

教えてくださるのが

料理研究家友兼 由子さん
ともかねよしこ/ケータリングやフードコーディネート、食をプロデュースする「L.A.C.」主宰。モロッコなどの北アフリカ、アジア、ヨーロッパで出会った各国の家庭料理を得意とし、雑誌などの各メディアで活躍中。神戸で毎月少人数制の料理教室を開催。