レシピ2015.06.10

カボチャと枝豆、エビのサラダ
/旬食材を取り入れて代謝をアップ。 むくみとサヨナラ!

レモンの酸味で減塩効果も。 産後の授乳中は体が水分を溜めこもうとしてむくみが生じたり、 ホルモンバランスの変化で自律神経が乱れ、血流も滞りがち。 なおかつ運動不足や寝不足で代謝が悪くなります。 血流や代謝を促すために意識してとりたいのがビタミンCやEが多い旬の食材。 「夏野菜は味が濃くビタミンがたっぷり。その代表格がモロヘイヤ。 夏バテを防ぐムチンも豊富。カレーのほかお浸しやスープにもおすすめです」 と料理研究家の友兼由子さん。調理法では減塩が大事なポイント。 「カレーのスパイスの香りやレモンの酸味を上手に生かすと、 塩が少なくても物足りなさを感じません」。 余分な塩分を排出するカリウムが豊富な枝豆などの野菜も、 減塩をサポートしてくれます。 旬の食材を取り入れたレシピでむくみをすっきり。 バランスを崩しやすい産後を心地よく過ごしましょう。

材料(4人分)

カボチャ…200g
枝豆…100g
ブラックタイガー…8尾
塩…ひとつまみ
酒…大さじ1
クルミ…20g(砕いておく)

A  マヨネーズ…大さじ1
     ヨーグルト…大さじ1
     レモン果汁…小さじ1/2
     塩、コショウ…少々

ベイビーリーフ…適量

POINT.1
甘みと旨みを逃さずゆでる

ひたひたのお湯でカボチャをゆで、沸騰したらフタをして弱火で3分。ザルにとり余熱で火を通す。じっくりゆでると形が崩れにくい。

POINT.2
エビは炒ってプリプリに

エビに塩と酒をふり、火にかけて、尻尾が赤くなったら裏返す。ゆでるのではなく炒る感覚。旨みが溶け出たゆで汁もソースに活用。

作り方・手順

  • カボチャはワタを取り2cm角に切り、角が残るようにゆでて冷ます。
  • 枝豆は塩ゆでにしてサヤから取り出す。
  • エビは殻と背ワタを取り、塩と酒をふってフライパンで炒り、3等分に切る。エビを取り出した後の汁は冷ましてからAと混ぜ合わせる。
  • ①~③材料とクルミを混ぜ合わせ、合わせた③のソースをかけ、ベイビーリーフの上に盛る。
食材をチェック
カボチャ

濃い黄色は体内でビタミンAに変わるβカロテン。肌や粘膜を保護して抵抗力を高めるほか抗酸化作用も。皮に食物繊維が多い。

枝豆

大豆と野菜の栄養を併せ持つ緑黄色野菜。良質なたんぱく質やカリウム、疲労回復に役立つビタミンBや美肌にいいビタミンCに富む。

教えてくださるのが

料理研究家友兼 由子さん
ともかねよしこ/ケータリングやフードコーディネート、食をプロデュースする「L.A.C.」主宰。モロッコなどの北アフリカ、アジア、ヨーロッパで出会った各国の家庭料理を得意とし、雑誌などの各メディアで活躍中。神戸で毎月少人数制の料理教室を開催。